HOME>オススメ情報>住宅ローンのある家を売却する任意売却について

家の売却後のローン支払い

住宅ローンが残っている家も、金融機関からの同意をもらえれば売却することが可能で、それを任意売却と呼びます。

住宅ローンを任意売却するメリット

代理人が手続きを代行してくれる

交渉などは代理人がしてくれるので、生活に集中することができます。

ローンをより多く返済できる

競売にかけられるよりも高く売却できるので、ローンをより多く返済できます。

ローンの残りは少しずつ返済できる

任意売却してもローンが残った場合は、少しずつ返済することが可能です。

任意売却したことは周りにばれない

家の売却は一般的な方法でされるので、任意売却したことは周りにばれません。

精神的な負担が少ない

強制退去などの不安もなく精神的な不安が少なくなります。

ローンの返済が不可能になった時の選択肢

住宅模型

マイホームを買う時に組んだ住宅ローンの返済を滞納したり、完済も不可能な状態になった時は、競売に掛けられる可能性が高くなります。ですがそんな時に検討すると良いのが任意売却であり、これは競売や落札へ至る前に、抵当権の物件を売ることです。そして任意売却のサポート会社を利用しますと、債権者と債務者の間に入ってくれ、双方が納得できる条件や価格で売れるよう努めてくれます。また、競売ならマイホームの売却金額は市場価格をかなり下回ることもありますが、任意売却なら市場価格に準じた金額を望めるのもポイントです。

優れたメリットの数々

家族

住宅ローンの返済目途が立たず、抵当権により競売で住まいが落札された時は、期日までにマイホームを明け渡さねばなりません。それには引越し費用も必要ですが、任意売却に強いサポート会社を活用すれば、通常より多くの引越し費用を捻出できるよう尽力してくれます。さらに、任意売却なら買取相手を選べるため、サポート会社や親族に買取ってもらえるケースもあり、この場合は様々なメリットを期待できるのです。例えば、物件を買取ったサポート会社や親族が、元の所有者にその物件を提供してくれる場合、毎月一定の金額を支払うことでそのまま住み続けることもできます。つまり任意売却なら引越し自体が不要になるパターンもあるなど、競売と違って近所の人に知られるリスクも格段に低い訳です。

広告募集中