注目される住宅展示場

川越にも住宅展示場がありますが、住んだ時のイメージもしやすいため住宅購入予定の人に注目されています。

戸建ての展示場と分譲住宅の展示場の比較

戸建ての展示場は複数のメーカーのモデルハウスが見学できる

戸建ての展示場は、広い敷地内にいくつかのハウスメーカーのモデルハウスが建ち並んでいます。そのため、それぞれのハウスメーカーの特徴を知りメリットやデメリットも比較できるので、理想の家を作ってくれるメーカーを見つけやすいほか、色々なメーカーの良いところを家造りの参考にできます。

分譲住宅の展示場は分譲される家のモデルハウスを展示

分譲住宅の展示場は分譲されるエリアの一角に作られており、分譲される家のモデルハウスが展示されています。戸建ての展示場のようにユニークなものはありませんが、住み心地などを確かめることができるほか、インテリアのレイアウトなども参考になるでしょう。

展示場へ行くメリットはいっぱい

間取り図

初めて住まい作りにチャレンジする時は、やることが多過ぎて何から着手すれば良いのか分からない場合も多々あります。家作りを始めた人の大半が通る道ですが、これは大抵情報不足によるものですから、そんな時は住宅展示場へ足を運んでみましょう。川越周辺にある住宅展示場も無料で利用できるため、まずは気軽に訪れてみるのがポイントです。住宅展示場には多彩なハウスメーカーの物件が建っているのでそれぞれに個性があり、見て回るだけでも勉強になります。さらにモデルハウスの受付で住所などをキチンと記入しておけば、後日資料などを届けてくれますから、情報収集にもつながるのです。

動線チェックはマイホーム作りに役立つ

住宅模型

現在の住まい作りでは生活動線を工夫することもトレンドになっており、川越の住宅展示場でも見所になっています。調理動線ではシンクとコンロと冷蔵庫の配置や、家事動線ではキッチンとお風呂場と洗濯関連など、それらが効率良く配置されていれば用事に掛かる時間を圧縮できるのです。なので住宅展示場へ行ったらその点を踏まえて見学するのが良く、後日のマイホーム作りで参考になります。また、モデルハウスには各社の得分野が明確に出るため、自分が建てる家と同じ方向性のハウスメーカーを探しやすいことも住宅展示場のメリットです。

見学する際に準備しておくと良い物

相談

見学している時は覚えていても、日にちが経つと忘れたり、色々なモデルハウスを1日で見た場合、どの物件がどのハウスメーカーだったか記憶が曖昧になることもあります。そこで川越の住宅展示場へ物件を見に行く時は、筆記用具とメモ帳を準備しておき、気になったポイントがあれば紙に書いておきましょう。そして、巻尺も併せて準備しておくのがベターで、好感を持った部分のサイズをメモしておきますと、マイホームの設計段階で目安になります。

チケットが必要なイベントへの申込方法

男女

無料イベントは住宅展示場の醍醐味の1つですが、時には参加するためにチケットが必要なイベントもあります。この場合、川越エリアでも住宅展示場のモデルハウスを見学すればチケットを受け取れることが多く、それを場内イベントの受付スタッフへ渡せばOKというのが一般的です。

広告募集中